スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

2011年 私的ベストアルバム大賞

 2011-12-30
2011bestalbum.jpg

例年はmixiで年内に買ったCDをタイトルのみ全て挙げてましたが、昨年以降は
iTunesも加えてかなりの量になったので数えるヒマがありませんm(__)m
なので、今年最も気に入ったアルバムを独断と偏見で5枚ピックアップして
紹介させて頂きます。(順位は発売日順であり評価順ではありません。)

●SING LIKE TALKING『Empowerment』(4月6日リリース)


前作『Renascence』から約7年ぶりの待望の12thアルバム。
サウンドに衰えはなくむしろ成熟してるようにも感じた。SLTは従来3部作という
括りがあったが『METABOLISM』からの枠組みを一切意識せずにニュートラルに
聴くことができた。まさにSING LIKE TALKINGの新境地だ。
iTunes配信限定シングルとして「Luz」もリリースされた。

先行シングル「Dearest」から期待させてくれました。残念なことにカラオケで
歌える新曲はこれだけなのは寂しいですが「Through The Night」や
「飾りのないX'mas Tree」なども配信されるよう期待してます。
何よりもSLTの曲は歌ってて気持ちがいい。



●Rocket Bamby 『Brand-new World』(5月22日リリース)


昨年10月に結成されたR!KU、田村信二、佐々木隼のエレクトロポップロックユニット。
待望のファーストアルバム。全曲に渡りアップテンポなナンバーで飽きさせない
23分がここにある。来年1月15日は初のワンマンライブ『ROCKET ☆B-DASH』 も開催。

この一年、ソーシャルメディアを通じて最も深く関わらせて頂いたアーティストでも
あります。ライブハウスにも数えきれないくらいに足を運び、対バンを通じていろんな
インディーズのアーティストを知るきっかけを与えてくれました。この5曲以外にも
「六等星」「ハルノカケラ」「SHINE!!」「reason」などといった新曲もあるので
次作がとても楽しみです!



●山下達郎『Ray Of Hope』(8月10日リリース)


もともと『Woo Hoo』というタイトルでリリース予定だったが3.11の震災をきっかけに
「希望という名の光」がクローズアップされアルバムのタイトル、内容も一新された。
より味わい深いものとなっている。2008年のシングル「ずっと一緒さ」から
温められたヒットシングル満載で前作『SONORITE』同様、ベストアルバム的な
オリジナルアルバムとなった珠宝の一枚。初回限定版にはシングルc/wのライブ音源を
集めた『Joy1.5』が封入されている。

初回盤を発売日に買えず、いろんなショップを走り回ってようやくゲット(笑)
タツローサウンドは永遠不変であることが証明されました。
長寿番組、サンデーソングブック1000回達成おめでとうございます。



●向谷倶楽部『向谷倶楽部の奇蹟 2010-2011』(8月29日リリース)
mmclubalbum.jpg

昨年からUstreamを連動して活動を続けてきた向谷倶楽部の楽曲が
遂にCDアルバムとして届けられた。音質に拘ったSHM-CDでのリリース。
収録された楽曲は購入者に限りUstream、ニコ生、Youtubeで自由にアップロード
できるといった画期的な試みもあるアルバム。一般的にマーケット流通は
されておらず(株)音楽館の受注生産によるもの。
特典として向谷倶楽部部員証、向谷実直筆サイン入りカードが封入されている。

向谷倶楽部・部員としてのマストアイテムです。聞く度にUstreamで共有できた
時間を思い出させてくれるアルバムです。アルバムジャケットの公募に3度も
ボツになったのも良い思い出となりました(笑)
最近は活動をニコ生にシフトされてますが2012年も変わらず支援していきたいです。
また素敵な楽曲が生まれそうな・・・予感



●伊藤かな恵『ココロケシキ』(11月23日リリース)


2009年のシングル「ユメ・ミル・ココロ」リリース以来、待ち焦がれていた
ファーストアルバム。2年間で5枚分のシングル曲が温められベストアルバム的な
オリジナルアルバムという点では、前述の山下達郎の『Ray Of Hope』と
共通するものがある。楽曲も全曲捨て曲なしで只の声優ソングとしては聴かれたくない。
アツミサオリ、渡辺拓也、黒須克彦などの作家による楽曲がフィーチャーされた名盤。
初回版には新曲「タイニーローグ」のPVとメイキングDVDが封入されている。

かな恵ちゃんのアルバムに関しては全曲に渡ってレビューを書きたいぐらいですが
また日を改めてということで…今回は軽く触れておきます。シングルのカップリングで
アルバムに収録されなかった「セツナラブレター」「星の缶バッチ」「未来記念日」
「君がいれば」「ここから」も名曲!
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール
管理画面

清水Liff竹菜

Author:清水Liff竹菜
4コマ漫画メインのコミックライター。“夏”“海”“酒”をテーマに細々と同人活動を続けてます。これまでP&はてな~桃李楼というサークル名で活動を続けてきました。(since 1989)
chikunaをフォローしましょう
mixi

Event Info
新刊情報
ななろく
ななろく
2014年8月17日発行
(B5.76p.オフセット表紙フルカラー)
頒布価格:700円

動画
【Twitcasting】

カテゴリ
月別アーカイブ

最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。